自社サーバーは過去の話|信頼できる業者を見つけたいならデータ復旧比較で情報集め

信頼できる業者を見つけたいならデータ復旧比較で情報集め

自社サーバーは過去の話

IT

コスト削減につながる

ファイルサーバは会社などで使用する社内ネットワークのデータを保管しておくパソコン端末です。サーバーを社内で構築することが一般的でしたが、最近はクラウドに置き換わり、社内にサーバーを設置することは少なくなりました。ファイルサーバは、管理が非常に面倒なのです。専用のラックなどを準備し、専用の部屋に保管することが一般的です。データを保管するため、セキュリティが高いことが要求されるのです。特に社内で使用するデータは機密情報が数多く含まれているため、むき出しの状態で保管することはできないのです。また、定期的なメンテナンスも必要とします。保守契約やメンテナンス契約をするか、もしくは社内に専用のスタッフを常駐させておくことが必要なのです。

利便性が高い

ファイルサーバーをクラウドに置き換えることで、これらの手間暇はすべて皆無になります。ファイルサーバーを保管する専用の会社のサーバを利用するため、保守や管理はすべてその会社の責任で行っているのです。クラウドシステムでそのサーバーとは接続されることになりますので、利用はインターネット環境があればどこでも利用することが可能になるのです。クラウドの利点は、社内など限られた場所以外でもアクセスすることができることです。社外のアクセスはセキュリティ要件が高くなりますが、利便性は格段に高くなります。そのため需要も多くなっており、今やほとんどの会社のサーバーがクラウドを用いているものになります。データセンターは日本で次々に建設されているのです。